−大阪協会のホームページへようこそ−

 全日本サーフキャスティング連盟に所属する大阪協会は今年で結成53年を迎えました。現在27クラブが所属し活発な活動を行っています。

 会員数全国一の大阪協会は大物申請数で2009年から2019年まで11年連続日本一という成績を収めています。また、2019年度の年間大物表彰のクラブ別大物申請数ベスト10では全国第3位、5位、7位の3クラブが入賞、個人別大物申請数では2名がベスト10入り、さらに、魚種別大物ベスト3では36名が入賞し、内1位が12名、2位が13名、3位が11名という素晴らしい成績を収めました。

 また、平成30年度キャスティング競技部門の年間ベスト10ではST-A種目で1位、ST-B種目で10位、第5種目-Aで3位、ポイント種目で6位に入賞しました。

 会員の中には大物を求めて東奔西走する者、近郊の釣り場で四季折々の魚を求めて釣り歩く者、また、家族や友人と安全な砂浜などで釣りを楽しむ者など各人各様です。都会のごみごみとした空気とメカニズムから遠く離れて紺海に向かい、太陽の輝きを総身に浴びての投げ釣りは、まさに健康そのものであり、投げたオモリについて釣り糸が白線を描いて飛んでゆく雄大さは投げ釣りを愛好する者のみが知る醍醐味です。

 大阪協会では大物釣りだけでなく、キスの数釣りやキャスティング競技にも活発に取り組んでいます。また、2009年度から自然環境の保護と釣りマナー向上の啓蒙として淀川河川敷のクリーンアップ活動を実施しています。更には2005年から会員以外の方々との交流を図り、投げ釣りの楽しみ方をより多くの方々に知っていただくことを目的としたオープン投げ釣り大会を開催しています。この大会は楽しいイベントなども計画しますので是非ご参加ください。

 2010年度より新規、復帰会員の連盟登録費と協会登録費が免除されることになりました。入会するクラブの選択に困っている方のために準会員制度なども取り入れられています。共通の趣味を持つ会員同士の交流は何よりも得難い財産です。私たち大阪協会では広く門戸を広げてお待ちしております。この機会に是非ご入会ください。お待ちしております。


                                                                          2020年2月


                 全日本サーフキャスティング連盟
                  大阪協会 会長 池田譲治